ビブス投げつけボトルをキック…。インテル若手FW苛立ちあらわも監督は冷静

4月4日(火)19時1分 フットボールチャンネル

 インテルに不穏な空気が漂っている。現地時間3日のサンプドリア戦では、ガビゴルことFWガブリエウ・バルボサが怒りを表に出した。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。

 セリエA第30節のサンプドリア戦でインテルは苦戦を強いられた。前半を1点リードで折り返したものの、50分に追いつかれてしまい、その後も流れをつかめなかった。

 そんな中ステファノ・ピオリ監督は78分、最後の交代カードを切ってMFジョアン・マリオを投入。すると、出場機会を待っていたガビゴルはビブスを投げつけ、ボトルを蹴り飛ばしている。

 昨年夏に大きな期待を背負ってインテルに加入したガビゴルは、2月のボローニャ戦でセリエA初ゴールを記録した。しかし、3月以降は出番を与えられていない。ここ2試合は得点が必要な状況だっただけに、自分に声がかからなかったことには苛立ちがあるようだ。

 終盤に逆転弾を許してサンプドリアに敗れた後、ピオリ監督はガビゴルの反応について次のように語った。

「今夜の試合で出られなかった全員が満足していないはずだ。試合に出ていた選手もプレーに満足していないだろう。みんなと話すことにするよ」

 サンプドリアに敗れて6位転落となったインテルは、目標としているチャンピオンズリーグ出場圏まで勝ち点9差と、困難な状況になった。選手も監督も正念場を迎えているのかもしれない。

フットボールチャンネル

「インテル」をもっと詳しく

「インテル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ