今年の”インドネシアリーグ”は熱い!? W杯に2度出場した…あの選手も参戦

4月4日(火)8時15分 フットボールチャンネル

 インドネシア1部のマドゥーラ・ユナイテッドが3日、35歳の元ナイジェリア代表FWピーター・オデムウィンギーがチームに加入したことを発表した。イングランド2部のロザラム・ユナイテッドとの契約が終了してからフリーの状態が続いていたが、ようやく所属先が見つかったことになる。

 オデムウィンギーはかつて、ロシア1部ロコモティフ・モスクワやフランス1部のリール、プレミアリーグのウェスト・ブロムウィッチ(WBA)やストーク・シティなどでプレーしていた。2008年に行われた北京オリンピックではオーバーエイジ枠の一人として出場し、ナイジェリア代表を決勝戦まで導いている。

 惜しくも決勝ではアルゼンチン代表に敗れたが、その戦いぶりは人々を驚かせた。また、ナイジェリア代表としては2010年W杯と2014年W杯の2回出場経験がある。

 インドネシアには最近、プレミアリーグで活躍した選手が続々と集まっていた。インドネシア1部のペルシブ・バンドンには元イングランド代表FWカールトン・コールや元チェルシーのMFマイケル・エッシェンが加入している。

フットボールチャンネル

インドをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ