ロッテのカンパイガールズ、来季存続かけ59試合で売り上げ3万5000杯に挑戦

4月4日(火)13時9分 フルカウント

1人1日平均150杯の売り上げが必要に、達成時はワンマンライブも開催

 ロッテは4日、球界初の売り子アイドルグループとして今季、3年目に突入する「マリーンズカンパイガールズ」4人がグループの来季継続をかけて、この日から8月31日までのZOZOマリンスタジアムでのホームゲーム59試合で4人のビール売り上げ総数3万5000杯にチャレンジすることになったと発表した。達成した場合はライブ会場でのワンマンライブが開催され、カンパイガールズの来季継続が決まる。

 リーダーの今井さやかさんは「このチャレンジが達成できなければ全てが終わってしまいます! メンバーも自分以外は入れ替わって、売り子1年目の3人なので不安はありますが、ここまで作り上げてきたカンパイガールズを途絶えさせない為にも全身全霊で頑張りたいと思います。そしてマリーンズが今年こそ日本一になれるように私達もファンの皆様と一緒にマリーンズを応援していきます。それでは最後に気合を入れてウ〜グビグビ、マリーンズカンパイガールズです!」とコメントした。

 59試合で3万5000杯を達成するには1人8750杯、1人1日あたり平均150杯の売り上げが必要となる。なお、オープン戦期間ではリーダーの今井さやかさんが1日平均200杯、新人3人は一日平均30杯の売り上げだった。なお、チャレンジ企画最終日の8月31日オリックス戦(19時試合開始)はチケット・ビール半額デーとなる。

フルカウント

「ロッテ」をもっと詳しく

「ロッテ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ