インテル主将イカルディが逆転負けに落胆「先制して安心してしまった」

4月4日(火)17時58分 サッカーキング

敗戦を悔やむイカルディ [写真]=Inter via Getty Images

写真を拡大

 セリエA第30節が3日に行われ、インテルはホームでサンプドリアと対戦し1−2と逆転負けを喫した。主将のアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが試合後にイタリアメディア『メディアセット』のインタビューに応じている。

「インテンシティーが下がってしまった。いったんリードを奪ったことで、安心しきってしまったのかもしれない。不運な面も多少はあった。サポーターの前で勝利したかったが、それを果たせず、落胆して家路につくことになる。もしリーグ戦が今終わるならば、失敗と言えるだろう。(ステファノ)ピオリ監督が就任してから、我々は素晴らしい結果を出していた。監督も、僕たち選手も、今の順位はふさわしくないと感じている」と話し、敗戦にうなだれた。

「相手はスピードを活かして攻めてきたから、もっと上手く守備をしなければならなかった。前半は上手く試合の流れを読むことができたが、後半に入って失速してしまった。代表選手たちの長旅の影響もあっただろう」。

 この敗戦により6位に転落したインテルは、上位3チーム以内に入って来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得することが絶望的となってしまったが、イカルディは「ヨーロッパリーグがまだ残されている。ライバルとの勝ち点差はそう離れてはいない。自分たちのことだけに集中し、できる限り勝利を収めなければならない」と気持ちを切り替えていた。

 インテルは次節アウェイで18位のクロトーネと対戦する。

サッカーキング

「インテル」をもっと詳しく

「インテル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ