初代タイガーマスク 好敵手D・キッドとの無観客試合の秘話

4月4日(水)16時0分 NEWSポストセブン

1981年にデビューした初代タイガーマスク

写真を拡大

 今年は新日本プロレスと全日本プロレスが旗揚げ40周年を迎える。ジャイアント馬場やアントニオ猪木を筆頭とし、数多くのスターを輩出してきたマット界だが、鮮烈な印象を残したスターの一人が初代タイガーマスクである。

 

 ピンク・レディー解散公演があった1981年、初代タイガーマスクはデビューし四次元殺法で大ブームを巻き起こすが、わずか2年で新日を退団した。タイガーと親交のあったカメラマンの山本皓一氏が、新日退団後の秘話を明かしてくれた。


「タイガーは『ライバルのダイナマイト・キッドと決着がついていないことだけが心残りだ』というので、2人で渡米し、キッドと再会した。私以外に誰も観客のいない道場で、2人は試合を行ない、最後は微笑んで終わった」


撮影■木村盛綱


※週刊ポスト2012年4月13日号

NEWSポストセブン

「無観客試合」のニュース

BIGLOBE
トップへ