モウリーニョ氏、シリア代表監督就任はなし? マンU就任に向けて動きか

4月5日(火)8時12分 フットボールチャンネル

 チェルシー退任後フリーとなっているジョゼ・モウリーニョ氏の、マンチェスター・ユナイテッド指揮官に就任する可能性は高いかもしれない。4日に英メディア『101greatgoals』が報じている。

 同メディアによると、モウリーニョ氏が来季のユナイテッド監督就任に向けて動きを見せているとのこと。今後数週間以内に、ルイス・ファン・ハール監督の後任として発表されることが期待されるとしている。

 一方チェルシーでは、フース・ヒディンク監督の後任候補として名前が挙がっていたアントニオ・コンテ監督の来季就任が決まった。ユナイテッドと同じく、来季の監督探しに動いていたチェルシーの方が先に動きを見せている。

 モウリーニョ氏に関しては、シリアサッカー協会が招聘に動いていた。ユナイテッド就任の可能性が高いと思われる同氏だが、果たしてどのような決断を下すのだろうか。

フットボールチャンネル

シリアをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ