CLベスト8、1stレグ。V候補バイエルンに潜む危機感と左サイドを切り裂くベンフィカの10番

4月5日(火)11時1分 フットボールチャンネル

公式戦4連勝も消化不良が続くバイエルン

 今季のチャンピオンズリーグ(CL)もベスト8に突入。ジョゼップ・グアルディオラ監督がシーズン後の退任を表明している優勝候補バイエルンにとっては通過点に過ぎない。しかし、誰もが圧倒的勝利を予想する一方で拭えない不安もある。その理由とは…。(文:海老沢純一)

——————————

 現地時間5日に行われるチャンピオンズリーグ、ベスト8の1stレグ。今季も優勝候補筆頭に挙げられているバイエルンは、ホームにポルトガルのベンフィカを迎える。

 この一戦は当然ながら、圧倒的バイエルンの有利と考えられる。ブックメーカーのウィリアム・ヒル社のオッズを見ても、バイエルン1.17倍、ドロー5.50倍、ベンフィカ12倍とホームチームの勝利はかたいことを示している。

 実際、今季のバイエルンはブンデスリーガではホーム14試合で13勝1敗、44得点6失点。チャンピオンズリーグではホーム4試合で4戦全勝。直近のユベントス戦では、0-2から追いつき延長戦で逆転勝利を手にする勝負強さを発揮した。

 ただ、現在のバイエルンは付け入る隙がないかというと、必ずしもそうとは言えない。

 バイエルンは、3月2日のマインツ戦を1-2で落とし、続く5日のドルトムント戦を0-0の引き分けで終えて以降、公式戦4連勝を記録しているが、内容的には苦しい展開を強いられている。

 前述したユベントス戦では勝負強さを発揮はしたが、前半はユベントスの積極的な姿勢でカウンターを狙うゲームプランの前に沈黙した。この試合ではキングスレイ・コマンの投入が戦況を変えたが、薄氷の勝利だったことは否めない。

 さらに、その後のケルン戦、フランクフルト戦ともに1-0の勝利。アウェイでのケルン戦では74.6%という高い支配率を記録しながらシュート数は同じ6本。開始9分にレバンドフスキが決めたゴールで勝利を手にしたが、消化不良気味に終わった。

 そして、フランクフルト戦では支配率65.2%、シュート数21本:4本と圧倒的に攻め込み、19分にはリベリの巧みなシュートで先制したものの1点どまり。やはり消化不良に終わった。

大番狂わせへのカギを握るガイタン

 また、ユベントス戦でも見られたように、現在のバイエルンはカウンターに弱みを抱えている。特にDFラインはスピードのある相手攻撃陣への対応に苦戦している。

 ベンフィカは、今季ジョナスとミトログルの2トップが爆発的な得点力を発揮。国内リーグではジョナスが30得点、ミトログルが18得点を記録。チーム総得点では2位のスポルティングに20得点差をつける76得点を記録している。

 しかし、このバイエルン戦ではスピードに乗ったカウンターを狙うためにミトログルに代えてラウール・ヒメネスが起用される可能性もあるだろう。Who Scored.comのスカウティングでは「カウンターで脅威を与える」との記述もある。

 そして、キーマンとなるのは左ウイングを務める背番号10、ニコラス・ガイタンだ。爆発的なスピードとキレのあるドリブルはバイエルンの守備陣を相手にしても十分脅威を与える存在となる。

 今季のCLでベンフィカは、アトレティコ・マドリーとゼニトに対してアウェイで勝利を収めている。さらに支配率ではアトレティコ戦が39.7%、ゼニト戦が43.9%と下回りながらもスコアはともに2-1。ガイタンはこの両試合で同点となるゴールを決める活躍を見せた。

 バイエルンの守備網を崩すためには、このガイタンの活躍は不可欠となる。逆に、バイエルンにとってはガイタンからのカウンターを要警戒となるだろう。

 一般的にCLでは2ndレグをホームで戦うチームが有利といわれるが、ベンフィカがホームに帰る前に1stレグで散ってしまってはその通説も無意味となる。

 リスボンでの2ndレグが消化試合にならないためにも完璧なゲームプラン立て、完璧なパフォーマンスで遂行しなければならない。

(文:海老沢純一)

フットボールチャンネル

「バイエルン」をもっと詳しく

「バイエルン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ