バルサファン、クライフ氏黙祷の最中に…C・ロナウドを侮辱「ホモ野郎」

4月5日(火)8時1分 フットボールチャンネル

 レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、現地時間2日に行われたバルセロナとのクラシコで、バルサファンから侮辱されていたようだ。4日に英メディア『101greatgoals』が報じている。

 68歳で亡くなったヨハン・クライフ氏に対する黙祷を試合前に行っていたが、同メディアによると、その最中にバルサファンが「C・ロナウドはホモ野郎」や「マドリードの売春婦」と叫んでいたとのこと。沈黙の中で、スタジアム中にバルサファンの罵声が響き渡っていたようだ。

 試合は結局、後半終盤にC・ロナウドが決勝点を決めたことで2-1の逆転勝利をおさめている。C・ロナウドのモチベーションを下げる狙いがあったのかもしれないが、全く動揺せず結果を残していた。罵声を浴びせたバルサファンが判明次第、後日処分が下る可能性もあるだろう。

フットボールチャンネル

「侮辱」をもっと詳しく

「侮辱」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ