香川、シーズン後半得点は「逆に美味しい」。”遅すぎるくらい”と表現も手応え

4月5日(水)9時21分 フットボールチャンネル

 現地時間4日にブンデスリーガ第27節の試合が行われ、ドルトムントはハンブルガーSVと対戦し3-0の勝利をおさめた。この試合で先発出場を果たし、1ゴール1アシストの活躍を見せた日本代表MF香川真司は、試合後にインタビューに答えている。

 まず最初に「良かったです。これからもっともっと、ラストで取って行きたいなあと思います」と、試合を振り返り「要所要所というか、試合の流れを見て、受けた時やボールに絡む時にしっかりやる、っていうのを意識していました」と語っている。

 自身のゴールに関しては「あそこで取りきれるっていうのはオバの良さですし、やっぱり突き放せるのでやっぱり後半、ああいう展開になってくると助かるというか、本当にラッキーなゴールでした。本当に彼のストロングじゃないですかね」と、ラッキーな得点と語った上で、前線でボールを奪ったオーバメヤンを称賛した。

 続けて「オバがスピードを活かしただけで、相手も諦めていたから。ああやって最後取り切ることが今のチーム状況は大事なので、彼が取ったことが、僕以上に大事なんじゃないですかね」とコメントしている。

 今季リーグ戦での初ゴールとなったが「まあ、遅すぎ。今日もああやってコールしてくれましたけど、遅すぎるくらいで。逆にああやってコールしてくれたことに逆に感謝したいです。あと1カ月、2カ月でシーズンが終わるんで、そう考えたらここからさらに結果を残していい最後をね。一番最後のいい時なんでね。それが”逆に美味しいところ”じゃないですけど。そこをしっかりと結果で表現して、いいシーズンにしたいと思っているんで、継続してやって行きたいなと思います」と、”遅すぎるくらい”と表現したものの、一定の手応えを感じているようだ。

(取材:本田千尋【ドルトムント】、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

香川真司をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ