ユーべ、来季の補強目玉はバイエルンの快速ウインガーか。2選手を交渉材料に本腰?

4月5日(水)7時0分 フットボールチャンネル

 ユベントスはバイエルン・ミュンヘンに所属するブラジル代表FWドグラス・コスタの獲得を熱望しているようだ。3日付けの伊紙『ガゼッタ・ゼロ・スポルト』が報じている。

 記事によると、ユベントスは26歳の快速ドリブラーを来シーズンの補強の目玉としているようだ。そこでモロッコ代表DFメディ・ベナティア(バイエルンからユベントスにレンタル中)とフランス代表MFキングスレー・コマン(ユベントスからバイエルンにレンタル中)を交渉の材料に使いたい模様だ。

 移籍金は3000万ユーロ(約36億円)がかかるとされているが、ユベントスはスカウトをシーズン中に何度も派遣しているようで、コスタ獲得の本気度がうかがえる。

 また、バイエルン側もレバークーゼンに所属するドイツ代表MFユリアン・ブラントと来シーズンの契約合意に達した場合、コスタ放出の可能性もあるのではないかと記事では伝えている。

 先月、D・コスタは英紙『サン』の取材に対し「私は来季も残るか他のチームを探すかについてクラブと話をしている」と来シーズンの自らの去就について話している。

 今シーズンはここまで公式戦27試合に出場し7得点9アシストを記録しているD・コスタ。なお、クラブとの契約は2020年までとなっている。

フットボールチャンネル

バイエルンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ