負傷中の長友佑都、復帰はもう少し先。今週末のリーグ戦も欠場へ

4月5日(金)16時3分 フットボールチャンネル

 左ひざの負傷のため戦列を離れているガラタサライのDF長友佑都だが、復帰までにはもう少し時間がかかるようだ。トルコ紙『ミリイェット』が伝えている。

 長友は2月24日に行われたトルコ1部リーグ第23節のアクヒサルスポル戦で負傷し、左ひざの後十字じん帯損傷と診断された。その後にガラタサライが戦ってきたリーグ戦およびカップ戦の5試合を欠場している。

 復帰は4月上旬になるという見通しが伝えられていたが、少なくとも今週末の6日に行われるイェニ・マラティヤスポル戦での復帰は難しそうだ。チームドクターによれば、長友は順調な回復を見せてはいるものの、復帰までには「15〜20日」かかる可能性があるとのことだ。

 ガラタサライは現在トルコリーグで2位に位置し、首位バシャクシェヒルを6ポイント差で追っている。今週末のイェニ・マラティヤスポル戦に続き、14日の次節はアウェイでフェネルバフチェとのダービーマッチを戦う。

フットボールチャンネル

「負傷」をもっと詳しく

「負傷」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ