西武・炭谷が“秘打” 一塁側ブルペンへ先制のエンタイトル二塁打

4月5日(火)19時32分 フルカウント

バットでエース岸を援護

 西武の炭谷銀仁朗捕手が5日、“秘打”を放った。

 日本ハム戦(西武プリンスドーム)に「7番・捕手」でスタメン出場。4回2死一、三塁。左腕・吉川の内角144キロ直球に詰まりながらも、打球は右翼線上へ。スライディングキャッチを試みた右翼・石川慎は捕れず、高くバウンドした打球は一塁側ブルペンへそのまま入った。三塁走者・中村が生還する先制のエンタイトル二塁打となった。

 試合前まで打率2割5分、0本塁打、2打点だった西武の正捕手。4回まで無安打投球を続けるエース・岸孝之を強力援護する一打となった。

フルカウント

西武をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ