前田健太、メジャー2年目は黒星発進 5回3失点、ドジャースは完封負け

4月5日(水)13時57分 フルカウント

マエケン2年目初陣は白星ならず

 ドジャースの前田健太投手が4日(日本時間5日)の本拠地パドレス戦で今季初の先発マウンドに挑んだが、5回3失点で黒星を喫した。初回に2点を失うと、3回にもソロ弾を被弾。味方打線の援護もなく、5回に代打を送られて降板した。ドジャース打線はそのまま完封され、0-4で敗れた。

 前田は初回、ソラルテに先制タイムリー、つづくシンフに遊犠飛を許して2失点。3回にもソラルテにソロ弾を浴びて失点を重ねた。その後は無失点で抑えたが、5回に代打を送られて降板。一方、ドジャース打線は相手先発リチャードの前に8回まで無得点。9回はハンドに抑えられ、完封負けを喫した。

 前田はこの日5回75球を投げ、6安打4奪三振3失点。メジャー1年目の昨季は初戦白星発進するなど開幕から3連勝をマークしたが、2年目は黒星スタートとなった。

フルカウント

ドジャースをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ