JR中央線「オレンジ色の電車」が復活 期間限定ラッピングトレイン

4月5日(金)19時10分 J-CASTニュース

中央線にオレンジ電車が復活

写真を拡大

JR東日本八王子支社は2019年4月8日〜8月31日の期間限定で、かつて首都圏のJR中央線で運行し、車体全体にオレンジ色をまとった「201系車両」をモチーフとするラッピングトレインを運行する。

1代前の車両モチーフ「昔を思い出してほしい」



ラッピング車両は、4月6日からはじまる「中央線開業130周年記念キャンペーン」の一環として、中央線や青梅線の一部区間で運行する。ラッピング対象となるのは現在中央線で運行している「E233系車両」の1編成。


201系は、中央線においてE233系の1世代前にあたる車両で、試作車を除くと1981年〜2010年の29年間、東京都心と郊外の間を走行していた。


通常のE233系の車体は銀色を基調にオレンジの線が横に2本入っているが、車体全体がオレンジ色だった201系とは様相が異なる。期間限定で運行する車両は、銀色の車体側面をオレンジ色に塗ることで、かつての201系を想起させるデザインとなっている。



JR東日本八王子支社広報担当者は、J-CASTトレンドの取材に対し、


「懐かしいオレンジ色の電車を見て、昔を思い出してほしい」

と語った。

J-CASTニュース

「JR中央線」をもっと詳しく

「JR中央線」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ