ナポリに大打撃…30得点のエースFWイグアインが4試合の出場停止へ

4月5日(火)12時26分 サッカーキング

退場処分の判定に納得いかず仲間に押さえつけられるイグアイン [写真]=Getty Images

写真を拡大

 ナポリ所属のアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインに4試合の出場停止処分が科される模様だと、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が4日に報じた。

 イグアインは3日に行われたセリエA第31節のウディネーゼ戦で、2度目の警告を受けるとマッシミリアーノ・イッラーティ主審に詰め寄り抗議を行っていた。このため、イグアインは、ヴェローナ、インテル、ボローニャ、ローマとの4試合を欠場することになる模様。同紙は、5日に4試合の出場停止処分が正式に下されると報じている。



 また、ナポリのマウリツィオ・サッリ監督にも1試合のベンチ入り禁止処分が下されるようだ。2位ナポリは、ウディネーゼ戦を1−3で落とし、首位ユヴェントスとの勝ち点差が6に開いた。さらに31試合30得点を記録しているエースを失うことで、優勝争いに黄信号が灯ってしまった。

サッカーキング

アルゼンチンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ