柏のルーキーDF古賀太陽、左足肉離れで離脱へ…練習中に負傷

4月5日(水)12時50分 サッカーキング

肉離れで全治約4週間と診断された柏の古賀太陽 [写真]=Getty Images for DAZN

写真を拡大

 柏レイソルは4日、DF古賀太陽が左長内転筋肉離れと診断されたことを発表した。同選手は3月29日のトレーニングで負傷。検査を受け、全治約4週間の見込みと診断されている。

 古賀は1998年生まれの18歳。柏の下部組織出身で、U−12、U−15、U−18を経て今季からトップチームでプレーしている。3月4日に行われた明治安田生命J1リーグ第2節のガンバ大阪戦でデビューを果たし、第3節の川崎フロンターレ戦では先発メンバーに名を連ねてフル出場を果たした。

 柏は明治安田生命J1リーグ第5節を終えて、2勝3敗の勝ち点「6」で12位。次節は8日、清水エスパルスをホームに迎える。

サッカーキング

「負傷」をもっと詳しく

「負傷」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ