悲劇のシャペコエンセ、A・ナシオナルと4カ月越しの対戦…ホームで先勝

4月5日(水)15時19分 サッカーキング

ホームで先勝したシャペコエンセ [写真]=/getty images

写真を拡大

 レコパ・スダメリカーナ2017ファーストレグが4日に行われた。同大会は、南米の2大カップ戦を制したチーム同士が対戦する。今年は、コパ・リベルタドーレス2016の王者であるコロンビアのアトレティコ・ナシオナルと、コパ・スダメリカーナ2016の優勝チームであるブラジルのシャペコエンセの対戦となった。

 両チームの対戦はコパ・スダメリカーナ2016の決勝で予定されていたが、昨年11月末に発生した飛行機事故によってシャペコエンセの多くの選手や監督らが犠牲となったため、試合を開催することができなかった。対戦相手だったアトレティコ・ナシオナルが決勝を辞退し、優勝を譲ったため、シャペコエンセがコパ・スダメリカーナ2016の優勝チームとなった。

 試合は24分にシャペコエンセのレイナウドがPKを決めて先制に成功するも、59分にアトレティコ・ナシオナルのマクネリー・トーレスが同点ゴールを決め、スコアは1−1に。しかし74分にシャペコエンセがルイス・オタヴィオのゴールで勝ち越しに成功する。試合は2−1で終了し、シャペコエンセがホームで先勝した。

 同試合では、シャペコエンセのメンバーにかつて日本でプレーした選手の名前も多く見られた。2011年に東京ヴェルディに所属していたブラジル人DFのアポジ、2016年に京都サンガF.C.に所属していたブラジル人MFアンドレイ・ジロットはともにフル出場、2015年にアビスパ福岡に所属していたブラジル人MFモイゼス・リベイロは66分から出場を果たしている。

 なお、同大会のセカンドレグは5月10日にアトレティコ・ナシオナルの本拠地エスタディオ・アタナシオ・ヒラルドで行われる。

【スコア】
シャペコエンセ 2−1 アトレティコ・ナシオナル

【得点者】
1−0 24分 レイナウド(PK)(シャペコエンセ)
1−1 59分 マクネリー・トーレス(アトレティコ・ナシオナル)
2−1 74分 ルイス・オタヴィオ(シャペコエンセ)

サッカーキング

「シャペコエンセ」をもっと詳しく

「シャペコエンセ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ