【ブログ】ドライバー公式撮影に密着。ヘルメットのこだわりも聞いちゃいました/水瀬きいのサーキット探訪記

4月6日(金)18時20分 AUTOSPORT web

 三代目オートスポーツwebナビゲーターが2018年のスーパーGT開幕の地、岡山国際サーキットに登場。あいにくのお天気となった搬入日は、ドライバーのスーツやヘルメットを撮影する“公式撮影”に密着しました。


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 


サリュー!

AUTOSPORTwebナビゲーターの水瀬きいです☆


遂に!! 2018年度シーズンも開幕します!!

私はここ、岡山国際サーキットに来ています☆



くま吉サングラスが可愛すぎますっ!!!


今日(金曜)はあいにくのお天気でメーカーごとの集合撮影がキャンセルになったり、開幕を感じる要素が例年に比べて少なかったです。


そんななか、すべての監督、チーフエンジニア、そしてドライバーが行う公式撮影に潜入して来ました。


そのなかからいくつか紹介します(^^)


まずはヘルメット。



高木真一選手のヘルメット。

ピカッピカで後頭部はシルバーの面積が広いので後ろに立つレースクイーンさんはつねに鏡チェックできちゃうかも!



こちらは伊沢拓也選手。

右サイドはブルーでこんな感じ!ですが左サイドはピンクで全く違った柄です。色鉛筆で紙に自分でデザインしてオーダーしたそう。



今年のベルトラン・バゲット選手の箸ヘルメットはこちら。皆さん、ご存知だと思いますが、バゲットとはフランス語でお箸のこと。

シューベルトのヘルメットを使ってるんですね!


井口卓人選手のヘルメットはキラキラのギラギラ! バイザーのサイドにまでデザインが施されていて可愛いです。フランクミューラーのデザインの数字の中には、結婚記念日とお子様のお誕生日が隠されているそうですよ!


皆さんこだわってデザインされていて素敵なものばかり!


私の中のヒットはこれ!



ショーン・ウォーキンショー選手のヘルメット!

とっても大柄で派手なのですが、マットなんです!

国旗柄が好きで大柄が好きで派手が好きな私にはヒットです。


でも、もう一つ素敵すぎて感動したヘルメットが!



小林崇志選手のヘルメット、和風な装いが渋くて素敵すぎます!!

『UP GARAGE』の部分とミスマッチな気がしないでもないけど!(笑)


去年の最終戦に出来上がってきて、思いもよらないミスマッチだそうです。シーズン中にデザインを変える予定を尋ねると「今年バージョンは来年にできあがるから……(笑)」とのこと。でも本当に素敵でした!


そんなこんなな公式撮影の現場ですが、ウラ側はこんな感じ



皆さんきちんと列に並んで順番待ち……と言いたいところですが、唯一おひとり、予約制を取られた方(星野一義監督)がいらっしゃいました。



皆さん鏡でヘアチェック。

用意されていたあぶらとり紙も大活躍でした。


公式のお写真はこんな風に撮られていますが、



このヘルメットのポジション、とっても綺麗に撮れるので自分用に撮る人もたくさん。

しかしUP GARAGEのスーツ、日本というより海外レースにいそうなデザインな気がしてます。目立ってます!


レーシングスーツといえば



ナカジマレーシングのおふたりはレーシングスーツのメーカーが『TANIDA』と『アルパインスターズ』と違うので、同じようにオーダーしても仕上がりが違っているのです!


……といったものの、写真じゃあまり伝わらないので、スーツにしてもヘルメットにしても、実際に見てみてください☆


そんな雨の開幕戦搬入日でしたが、週末晴れることを願って。。

楽しみましょうね!


それでは〜☆


AUTOSPORT web

「サーキット」をもっと詳しく

「サーキット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ