広州恒大の“爆買いストライカー”、リオ五輪参戦を希望。日本と再戦の可能性も?

4月6日(水)11時50分 フットボールチャンネル

 浦和レッズは5日、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)で中国の広州恒大と対戦して1-0で勝利した。

 試合後、広州恒大のコロンビア代表FWジャクソン・マルティネスが取材に応じ、8月に行われるリオ五輪出場への希望を語った。

 コロンビアも日本と同様にリオ五輪の出場権を獲得しているが、この冬に4200万ユーロ(約52億5000万円)という巨額の移籍金でアトレティコ・マドリーから加入したJ・マルティネスは、リオ五輪出場への意欲を明かした。

「僕が参加できるかどうかわからない。五輪に出られたらいいと思う。とにかく、呼ばれるように自分は頑張り続ける。あとは待つだけだね」

 J・マルティネスといえば、2014年ブラジルW杯の日本戦で2得点を決めた選手であり、因縁の相手でもある。

 リオ五輪のグループステージ抽選会は今月14日に行われるが、日本はコロンビアと50%の確率で同組となる。

 ブラジルの地で日本とコロンビアが再戦する可能性は高いが、“爆買いストライカー”が再び立ちはだかることはあるのだろうか。

【了】

(取材・文:今関飛駒、取材協力:チェーザレ・ポレンギ)

フットボールチャンネル

「広州恒大」をもっと詳しく

「広州恒大」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ