PSGが獲得を望むネイマール、バルサ会長は「彼との交渉は許可しない」

4月6日(水)7時31分 フットボールチャンネル

 パリ・サンジェルマン(PSG)がバルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールの獲得を狙っているが、バルセロナのジョセップ・マリーア・バルトメウ会長が売却する可能性を否定した。5日にブラジルメディア『グロボエスポルチ』でのインタビューで語っている。

 先日、PSGが契約書に記されている違約金額の1億9300万ユーロ(約245億円)という移籍金を用意しており、今夏にも獲得を試みるとの噂が報じられていた。

 しかし、バルトメウ会長は「もし誰かがネイマールとの交渉にやってきたら、我々はまず許可しない」とし、「ネイマールはバルセロナでプレーし続けるよ。彼はここ(バルセロナ)でプレーしたいとしか言っていないんだからね」と語り、売却する可能性がないことを明らかにしている。

 続けて「この類の噂はここ数ヶ月でだいぶ少なくなった。早く決定的な決断(ネイマールの契約延長)が下されて、早く(噂が)なくなって欲しいね」とコメントし、噂がなくなることを望んでいるとした。バルセロナは、目先のお金よりも将来の方が重要だと考えているようだ。

フットボールチャンネル

ネイマールをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ