なでしこ大儀見が離婚を発表「遠距離での夫婦生活の価値観にズレ」

4月6日(水)1時40分 フットボールチャンネル

 なでしこジャパンの大儀見優季が6日にブログを更新し、夫でメンタルトレーニングコンサルタントの大儀見浩介氏と離婚したことを発表した。
 
「ご報告」と題された投稿では冒頭でプライベートな離婚という発表をブログで行うことへの謝罪が述べられ、決断に至った理由が説明された。

 大儀見によれば「4年という夫婦生活の中で、サッカー選手として海外で生活をしながらの、遠距離での夫婦生活の価値観にズレが出て」きたという。そしてサッカー選手として海外で挑戦し続けたい自分と日本で活動する夫・浩介氏との間に“時差”が生まれたとしている。

 そのうえで「二人で話し合いを重ねた結果、今後の二人の人生において別々の道を歩むことが最良の選択であるという結論に至りました」と述べ、応援してくれる周囲の人々やファンへ感謝を記した。

 なお今季いっぱいは「大儀見優季」としてプレーし、来季以降旧姓の「永里」に戻して新たなスタートを切ると明らかにしている。

 大儀見は2011年に浩介氏と結婚し、翌年のロンドン五輪から新たな姓でプレーしていた。結婚生活は約4年半におよび、その大半は海外と日本で別々の生活を送っていた。現在はドイツ1部の1.FFCフランクフルトに所属している。

フットボールチャンネル

「なでしこ」をもっと詳しく

「なでしこ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ