長友、トリノ戦の退場で1試合の出場停止に。相手FWのダイブ認められず

4月6日(水)7時23分 フットボールチャンネル

 セリエAは5日、懲罰委員会で先週末のリーグ戦で起きた様々な出来事についての裁定を発表した。

 トリノ戦で相手FWアンドレア・ベロッティをペナルティエリア内で倒しレッドカードを受けたインテルDF長友佑都には1試合の出場停止処分が科されることとなった。

 ベロッティにはシミレーションの疑惑がかかっていたものの、様々な角度からの映像を検証した結果不正なプレーの確たる証拠を得られなかった。そのため長友のレッドカードは撤回されず、「明確な得点機会の阻止」により1試合の出場停止となる。

 長友は9日のフロジノーネ戦を欠場する。試合の後「すべてを受け入れて前へ進む」と宣言していたサムライDFは日本代表のための遠征などで休みなくプレーし続けていたため、1試合分の小休止でエネルギーを蓄え終盤戦に備える。

フットボールチャンネル

「退場」をもっと詳しく

「退場」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ