G大阪、上海上港に完敗でACL4戦未勝利。決勝T進出は絶望的に

4月6日(水)20時53分 フットボールチャンネル

【ガンバ大阪 0-2 上海上港 ACLグループステージ第4節】

 AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ第4節が6日に行われ、ガンバ大阪はホームで上海上港と対戦した。

 今大会いまだ勝利のないG大阪は前節アウェイで敗れた相手との再戦。決勝トーナメント進出のためには勝利が必須だ。

 先制点が欲しいG大阪。14分に宇佐美が決定機を迎える。パトリックの落としを受けてペナルティエリア手前からシュートを放つが、相手GKヤン・ジュンリンにセーブされてしまう。

 直後の18分、上海上港はエウケソンが倒されて得たフリーキックでG大阪ゴールに迫る。しかしコンカの放った左足の強烈なシュートは東口がファインセーブで阻止した。その後も上海上港は再三チャンスを作り主導権を握ったが、G大阪ゴールを割れずスコアレスで前半を終えた。

 後半もG大阪は前線の2トップを中心に攻める。50分、宇佐美のスルーパスを受けたパトリックがシュートを放つもGKの好守に阻まれる。

 するとその後は上海上港が続けざまに決定機を作っていく。そして66分、ペナルティエリア手前からコンカ、ルー・ウェンジュンとつないでウー・レイがフィニッシュ。流麗なパスワークで崩しきりG大阪相手に先制点を奪った。

 さらに72分、ウー・レイが至近距離から放ったシュートは東口がセーブしたが、こぼれ球をルー・ウェンジュンが強烈なミドルシュートでゴールに叩き込み上海上港が追加点を奪った。

 G大阪は藤本や西野を投入し、選手交代で流れを変えようと試みるが1点が遠い。そのまま試合終了の笛が吹かれ、公式戦4連敗を喫した。これによりグループ2位のメルボルン・ビクトリーが水原三星に勝利すれば勝ち点差は6ポイントに開き、残り2試合での決勝トーナメント進出は絶望的になる。

【得点者】
66分 0-1 ウー・レイ(上海上港)
72分 0-2 ルー・ウェンジュン(上海上港)

フットボールチャンネル

「G大阪」をもっと詳しく

「G大阪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ