レアル、リーグ5連勝で首位キープ。”BBC”不在もレガネスを4-2で撃破

4月6日(木)7時7分 フットボールチャンネル

【レガネス 2-4 レアル・マドリー リーガエスパニョーラ第30節】

 現地時間5日にリーガエスパニョーラ第30節の試合が行われ、レアル・マドリーはレガネスと対戦。アルバロ・モラタなどがゴールを積み重ね、マドリーが4-2の勝利をおさめている。

 クリスティアーノ・ロナウドやガレス・ベイルは招集外で、カリム・ベンゼマはベンチスタートとなった。試合開始して15分、マルコ・アセンシオが相手のパスを奪ってゴール前までドリブルすると、走り込んでいたハメス・ロドリゲスにラストパスを送り、ロドリゲスが先制点を決めた。続く18分にはコーナーキックからモラタが押し込み追加点を決める。

 さらに23分、縦パスに抜け出したモラタが冷静にゴールを決めて一気に3点差とした。だが32分にガブリエウ・ピレスに1点を返されると、直後の35分にはルシアーノにも得点を許し、1点差に詰め寄られてしまう。それでも48分にFKからモラタが相手のオウンゴールを誘い、結局4-2の勝利をおさめている。この結果、マドリーはリーグ5連勝となった。

【得点者】
15分 0-1 ロドリゲス(レアル)
18分 0-2 モラタ(レアル)
23分 0-3 モラタ(レアル)
32分 1-3 ピレス(レガネス)
35分 2-3 ルシアーノ(レガネス)
48分 2-4 オウンゴール(レアル)

フットボールチャンネル

「レアル」をもっと詳しく

「レアル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ