岡崎同僚のレスターFW、妻への”DV”容疑で逮捕。深夜に警察が自宅に

4月6日(木)22時3分 フットボールチャンネル

 プレミアリーグのレスター・シティに所属するナイジェリア代表FWアーメド・ムサは、妻に暴力を振るった疑いがあるとして現地時間5日未明に英国の警察に逮捕された。英紙『デイリー・メール』などが伝えている。

 報道によれば、ムサは妻のジャミラさんに対して暴力行為を働いたことが疑われ、4日夜に警察がレスター近郊の自宅を訪問。その時点ではムサは不在だったが、その後深夜に帰宅したところを私服警官に逮捕されたとのことだ。

 ムサは警察により約2時間の聴取を受けたが、告訴されることはなく釈放されたという。5日はジャミラさんの誕生日でもあった模様で、ムサはインスタグラムの自身のアカウントで誕生日を祝う写真とメッセージを投稿している。

 かつてCSKAモスクワで本田圭佑のチームメートとしてもプレーしたムサは、昨年夏にクラブ史上最多額の1660万ポンド(約23億円)だとされる移籍金でレスターに加入。今季プレミアリーグ19試合に出場して2ゴールを記録しているが、クレイグ・シェイクスピア現監督の就任後は出場機会が減少し、6試合中わずか1試合の交代出場にとどまっている。

フットボールチャンネル

レスターをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ