山田大記の独2部カールスルーエ、今季2度目の監督解任。最下位に沈み3部降格危機

4月6日(木)11時40分 フットボールチャンネル

 山田大記が所属するブンデスリーガ2部のカールスルーエは4日、ミルコ・スロムカ監督を解任したことを発表した。

 カールスルーエは現地時間4日に行われたホームでのヴュルツブルガー・キッカーズと対戦し1-1の引き分けに終わった。試合後、カールスルーエの広報は「クラブはこれまでの成績を考慮しスロムカ監督の解任を決断した」と伝えた。

 今季の監督交代はこれが2度目で、昨年12月にトーマス・オラル氏を解任している。なお、後任監督はマルク・パトリック・マイスター氏に決定している。36歳の新監督は今シーズンの開幕をU-17の監督としてむかえていたが、昨年12月にスロムカ監督の就任に伴いトップチームのアシスタントコーチとしてチームを支えていた。

 なお、解任されたスロムカ監督は10試合で指揮を執り2勝2分け6敗と結果を残すことが出来なかった。その結果、チームは27試合を消化した時点で最下位に沈んでいる。

 残留圏内の15位まで5ポイント差という状況のなかでクラブは今回の決断を下した。監督交代に伴い今シーズンリーグ戦20試合に出場し1得点1アシストの山田大記の起用法に変化は出てくるのだろうか。

 マイスター監督の初戦は、現地時間9日に行われる日本代表FW浅野拓磨が所属するアウェイでのシュツットガルト戦だ。

フットボールチャンネル

「解任」をもっと詳しく

「解任」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ