武藤、7ヶ月ぶりの久々ゴール! 1点差に詰め寄るもマインツは2-3の敗戦

4月6日(木)5時36分 フットボールチャンネル

 現地時間5日にブンデスリーガ第27節の試合が行われ、マインツはライプツィヒと対戦し2-3の敗戦を喫した。この試合で途中出場を果たしたマインツの武藤嘉紀はゴールを記録している。

 試合開始して48分にライプツィヒのマルセル・サビッツァーにゴールを決められると、52分にもティモ・ヴェルナーに追加点を許してしまう。その後、67分にボージャン・クルキッチとの交代で武藤が途中出場を果たした。

 すると69分、ハイロ・サンペリオがPKから1点を返す。このまま同点に追いつきたかったマインツだが、81分にはライプツィヒのナビー・ケイタにゴールを決められ点差を広げられると、89分にはジャン・フィリップ・グバミンが危険なファールで1発退場。

 それでも諦めないマインツは90分、コーナーキックから武藤がヘディングシュートを叩き込み1点差に詰め寄る。武藤にとっては昨年9月のヨーロッパリーグ(EL)ガバラ戦以来となる7ヶ月ぶりのゴールとなった。今季公式戦4点目としている。ただ、マインツは同点に追いつくことができず2-3の敗戦を喫した。

フットボールチャンネル

「マインツ」をもっと詳しく

「マインツ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ