「超変革」の金本阪神 初の巨人戦で見えた走塁改革、3つのポイントとは

4月6日(水)10時14分 フルカウント

金本阪神の走塁改革は本物? 「伝統の一戦」第1Rで見えた3つのポイント

 今季から就任した金本知憲監督のもと、阪神は「超変革」というスローガンで、スタートした。ここまでは、「監督が代われば、ここまでチームが変わるのか」と言う声が聞こえてくる戦いぶりを見せている。走塁面の意識改革がキャンプから行われ、8-2で勝利した5日の巨人戦では、その効果が如実に表れた。3つのポイントに迫りたい。

 同点の3回。先発投手の藤浪がライト前ヒットで出塁した。続く1番の高山は一、二塁間を破るヒット。一塁走者の藤浪が三塁コーチャーの高代コーチに視線を送ると、腕をぐるぐると回している。行く気がなければ、視線は送らなかっただろう。藤浪はスピードを上げて、三塁を陥れた。

 先発投手は自分の投球に影響があるため、走塁を自重することが多いが、藤浪自身にとっても次の1点が大きいと理解していた。続く横田のたたきつけた高いバウンドの投前内野安打の間にホームを駆け抜けた。2点目を自らのバットと足でもぎとり、ピッチングを楽にしただけでなく、打線に勢いがつき、福留の犠牲フライなどでさらに2点が入った。

 2つ目は4番・ゴメスの盗塁だ。一昨年に1つマークしているが、昨季はゼロの主砲が、6回1死から四球で出塁すると、無警戒のバッテリーから二塁への盗塁に成功した。

6日は巨人のエース菅野が相手、「超変革」の進化が問われる?

 この盗塁がもたらした効果は得点以上に大きかった。相手先発の巨人・ポレダは昨季、阪神相手に5勝を挙げるなど、虎打線を得意としていた。しかし、走者を出したときのピッチングには課題があったため、モーションをゴメスが盗んで、スチールに成功した。盗塁を滅多にしないゴメスにまでポレダが盗塁されては、巨人にとって大きなダメージ。その後、ボークをするなど、影響があった。今年は、ポレダが苦手意識を持って阪神戦に挑むことになるかもしれない。
 
 3つ目は6回1死一、三塁からの西岡剛の一塁内野安打でのバッターランナーとしての走塁だ。ダメ押し点となった5点目をもたらした場面。ゴメスの盗塁、鳥谷のヒットなどで一、三塁で打席が巡ってきた西岡は、一塁への弱いゴロを打った。しかし、一塁へ全速力で駆け抜け、間一髪セーフになり、得点に結びついた。

 当然のプレーかもしれないが、ここまで走塁面でプラス要素が出てくると、その徹底ぶりが目につく。阪神ナインは全員が高い意識を持って塁上を駆け巡り、勝利した。

 注目の「伝統の一戦」第1ラウンドでは、藤浪の活躍が目立った。阪神の走塁への改革が本物なのか、判断するのはまだ早いかもしれない。セットポジションに不安のあるポレダだけではなく、6日に先発する巨人エースの菅野をどう攻略できるかで、阪神の走塁面での「超変革」の真価が問われるだろう。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

フルカウント

阪神をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ