青木宣親、元ヤクルト同僚バーネットからタイムリー! 今季初安打初打点

4月6日(水)11時43分 フルカウント

マリナーズ移籍後初ヒット初タイムリー

 マリナーズの青木宣親外野手が5日(日本時間6日)のレンジャーズ戦で元ヤクルトのトニー・バーネット投手から今季初ヒット初打点を挙げた。

 レンジャーズは2-2の同点で迎えた7回から昨季までヤクルトで活躍したバーネットがマウンドへ。マリナーズ打線はこの日メジャーデビューとなった32歳右腕を攻め、先頭の代打セス・スミスが中前打で出塁。2死からマーティンが右翼線を破るタイムリーヒットで勝ち越しに成功すると、続く青木はライト前に弾き返して、さらに1点を追加した。

 青木はこの日「1番・レフト」でスタメン出場。前日の開幕戦からここまで快音を残せなかったが、ヤクルトの元同僚との対決でタイムリーヒット。今季ジャイアンツから加入した34歳は移籍後、初ヒット初打点を記録した。

フルカウント

「ヤクルト」をもっと詳しく

「ヤクルト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ