ハム斎藤佑、初登板も6回途中3失点で黒星「風をうまく使えた」も…「悔しい」

4月6日(木)17時13分 フルカウント

6回先頭への四球に「課題にしていきます」、ロッテ佐々木がプロ初勝利

 日本ハムの斎藤佑樹投手が6日、敵地でのロッテ戦(QVCマリン)で今季初先発し、5回0/3を6安打3失点2奪三振2四球で降板。1点のリードを許したままマウンドを降り、今季初黒星を喫した。ロッテはドラフト1位・佐々木千隼投手が斎藤佑との投げ合いを制し、5回3安打1失点5奪三振6四球でプロ初登板初先発で初勝利。日本ハムは1-5で敗れた。

 斎藤佑は初回、3者凡退の好スタートを切る。2回は1死から鈴木にレフト前ヒットを浴びると、ダフィーは空振り三振も、鈴木に二盗を許して2死二塁。井上にはレフト前に運ばれ、先制点を献上した。

 しかし、打線は3回に西川が佐々木からタイムリー。すぐさま同点に追いついた。その裏、斎藤佑は1死から角中に右翼線へのツーベースを浴びたが、清田は三ゴロ、パラデスは一邪飛と後続を断ち、無失点に抑える。

 4回は先頭・鈴木に死球も、ダフィーは遊飛。だが、井上には右中間を深々と破られ、2打席連続タイムリーで勝ち越しを許した。5回は先頭・大嶺翔のヒットなどで2死三塁とされるも、清田はフォークで三ゴロ。斎藤佑は6回も続投したが、先頭パラデスに四球。ここで降板となり、今季初勝利はならなかった。

 2番手・公文が連打で追加点を許したため、斎藤佑の失点は「3」に。降板後には「風は強かったですが、気にならなかったというよりは、計算しながら投げられたと思います。ツーシーム、フォークもそれなりに思っていた通りだったし、風をうまく使えた部分はあった。ただ、やっぱり6回の先頭にフォアボールを出してしまったところが悔しい。課題にしていきます」とコメントした。

 公文はさらに2点を奪われ、1-5とリードを広げられた。日本ハムはそのまま敗れて黒星。斎藤佑は今季初黒星となった。

フルカウント

「四球」をもっと詳しく

「四球」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ