阪神、初回に打者9人5安打で4点奪取 糸井&原口&鳥谷がタイムリー

4月6日(木)18時48分 フルカウント

ヤクルト先発・館山に初回から集中打

 阪神が6日、ヤクルト戦(京セラドーム)で初回に一挙4点を奪った。

 1番・高山、2番・上本がセンター前ヒットで一、二塁とすると、好調の糸井がライトへ先制タイムリー。ヤクルト先発・館山から、いきなり3連打で先制した。さらに、福留が四球を選ぶと、原口、鳥谷が2者連続タイムリー。ノーアウトで3点をもぎ取った。

 その後、北條は遊ゴロ、梅野も三ゴロに倒れるも、その間に1点を追加。メッセンジャーは遊ゴロでチェンジとなったが、打者9人、5安打を集める猛攻で幸先よく4点を先制した。

フルカウント

「阪神」をもっと詳しく

「阪神」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ