DeNA国吉が最速161キロ! 3者連続空振り三振など圧巻の投球で2回無失点

4月6日(土)16時20分 フルカウント

146キロのフォークや110キロのカーブも

■DeNA – 巨人(6日・横浜)

 DeNAの国吉佑樹投手が6日、本拠地・巨人戦で“161キロ”をマークした。

 国吉は5-2と3点リードの5回に2番手でマウンドへ。150キロ超えの直球を連発し、岡本、亀井を連続空振り三振に仕留めた。ゲレーロはカウント1-2と追い込み、5球目は外角低めへの直球。ボールとなったが、球場表示、テレビ表示ともに161キロを計測した。

 続く137キロのスライダーを振らせ、3者連続三振。146キロのフォークや110キロのカーブも織り交ぜるなど圧巻の投球を見せ、続く6回もマウンドに上がった。2死からビヤヌエバにライト前にポトリと落ちるヒットを許したものの、吉川尚を空振り三振で無失点に仕留めた。(Full-Count編集部)

フルカウント

「DeNA」をもっと詳しく

「DeNA」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ