逆転勝利も内容に不満のバルサ指揮官「もっとゴールを奪えず残念」

4月6日(水)13時15分 サッカーキング

チャンスを外し、頭を抱えるバルセロナFWメッシ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグが5日に行われ、バルセロナはホームでアトレティコ・マドリードと対戦した。

 試合は、25分にスペイン代表FWフェルナンド・トーレスのゴールでアトレティコ・マドリードが先制。しかし、同選手が35分に2枚目のイエローカードを受けて退場となると、後半にバルセロナがウルグアイ代表FWルイス・スアレスの2ゴールで2−1と逆転し、勝利を収めた。

 試合後、バルセロナを率いるルイス・エンリケ監督がインタビューに答えた。コメントを同日付のイギリス誌『FourFourTwo』が伝えている。

 エンリケ監督は試合内容について「いつもならできることに苦労していたね」と、リードされて前半を折り返した試合展開に苦言を呈し、「もっとゴールを奪えず残念だ」とシュート19本で2得点に終わった攻撃面にも不満を語った。

 試合の転機となったトーレスの退場については、試合後にアトレティコ・マドリードの選手から不満の声が上がった。だが、同監督は「バルサの全員が確かに2枚のイエローに値すると考えたし、アトレティコの全員がそうは思わなかったろうね。でもカードを出すかどうかは審判が決めることだ」と、レフリーの決定を尊重する考えを示した。

 セカンドレグは、13日にアトレティコ・マドリードのホームで行われる。

サッカーキング

不満をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ