ダブル武藤がついに初対面! 花束贈呈の武藤雄樹は「めっちゃ緊張した」

4月6日(水)23時20分 サッカーキング

ついに武藤雄樹と武藤敬司氏の共演が実現。リングの上でLOVEポーズを披露した [写真]=足立雅史

写真を拡大

 “ダブル武藤”の初邂逅がついに実現した。

 前夜にAFCチャンピオンズリーグの広州恒大(中国)戦で値千金の決勝ゴールを決めた浦和レッズの武藤雄樹が、東京都内で行われたプロレス『WRESTLE-1』を観戦。同じ苗字で「昔から憧れていた」というプロレスラー武藤敬司氏と初対面し、試合前には花束贈呈のセレモニーを行った。

 初めてプロレスを生観戦したという武藤は、体と体を激しくぶつけ合う熱戦を目の当たりにして「音がリアル!」と興奮。「めっちゃ緊張した」という花束贈呈では、リング上で武藤敬司氏とおなじみの“プロレスLOVE”ポーズで並び立った。

 両者はこれまでもツイッター上で何度か絡んでおり、武藤敬司氏は当日朝にも「今朝、日刊スポーツを開くと、浦和レッズの武藤がまた活躍した記事が出ていた!! その武藤が今夜のレッスルワンの後楽園大会を観に来るぞ!!」とツイートするなど来場を楽しみにしていた模様だ。

 前日まで渡米していたという武藤敬司氏だが、現地で1990年代からWCWなどの団体で「本当のライバルだった」というスティング氏引退の報を聞き、「ちょっとセンチになっていた」という。そこで帰国直後にACLでの武藤の活躍を知り、「エネルギーをもらった。今日来てくれることが活力になりましたよ」と笑顔で前夜のヒーローを迎えた。

 今度は武藤敬司氏が5月3日にACLの浦項スティーラーズ(韓国)戦で埼玉スタジアムを訪れる予定。初のプロレス観戦で刺激を受けた武藤は、「今度は武藤さんの前でゴールを決めて、“LOVEポーズ”を披露したい」と意気込んでいた。

サッカーキング

「AFC」をもっと詳しく

「AFC」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ