「ヒーローから悪役へ」…F・トーレス、先制弾から10分後に退場

4月6日(水)8時8分 サッカーキング

退場となり、ピッチを後にするトーレス [写真]=Getty Images

写真を拡大

 チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグが5日に行われ、バルセロナとアトレティコ・マドリードが対戦。ホームのバルセロナがウルグアイ代表FWルイス・スアレスの2ゴールで2−1と逆転勝利を収めた。

 同試合では、アトレティコ・マドリードのスペイン代表FWフェルナンド・トーレスが25分に先制点を記録。しかし29分にバルセロナのブラジル代表FWネイマールを倒して1枚目のイエローカードを受けると、35分にはスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツへのファウルで2度目の警告を受け、退場処分となった。

 6分間で2枚のイエローカードを受け、先制ゴールから10分後にピッチを去ることとなったトーレスについて、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』は「ヒーローから悪役へ」と見出しを掲げて報道。同紙は「背番号9は、エネルギーの調節とブレーキのかけ方を知らなかった。ゴールの後の幸福感に染まっていたのかもしれない」と、皮肉を交えて批判している。

 なお同紙によると、トーレスのゴールはバルセロナ戦通算11点目、カンプ・ノウ(バルセロナの本拠地)では通算6点目だった。そして、アトレティコ・マドリード所属時におけるチャンピオンズリーグ自身初ゴールでもあった。

 セカンドレグは13日、アトレティコ・マドリードのホームで行われる。なお、バルセロナの次戦は9日、リーガ・エスパニョーラ第32節でレアル・ソシエダとアウェーで対戦。一方のアトレティコ・マドリードは同日、エスパニョールとアウェーで対戦する。

サッカーキング

「ヒーロー」をもっと詳しく

「ヒーロー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ