G大阪、4戦未勝利でACL崖っぷちに…GK東口の好守連発も実らず2連敗

4月6日(水)20時50分 サッカーキング

ACL上海上港戦に出場したG大阪FW宇佐美貴史 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第4節が6日に行われ、ガンバ大阪と上海上港(中国)が対戦した。

 今季ACLはここまで2分1敗と未勝利のG大阪。敗退危機に陥っているが、昨季はグループステージで1分2敗から3連勝で決勝トーナメントに進出し、ベスト4まで上り詰めたため、今年の勝負もこれから。今節は勝ち点6で首位の上海上港をホームに迎えての一戦となった。なお、上海上港のホームで行われた前節では、G大阪が1−2で敗れている。

 先発メンバーは、2日に行われた2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第5節の横浜F・マリノス戦から変更なし。遠藤保仁、アデミウソン、宇佐美貴史、パトリックらが名を連ねた。対して上海上港は、アルゼンチン人MFダリオ・コンカ、ブラジル人FWエウケソンらがスタメン入りしたが、ガーナ代表FWアサモア・ギャンは負傷によりメンバー外となった。

 勝利が必要なG大阪だが、序盤から苦戦を強いられる。上海上港は18分、コンカがエリア手前右のFKで左足を振り抜く。豪快なシュートはゴール左下隅を突くが、GK東口順昭が好セーブでピンチを凌いだ。21分には、エリア手前右からエウケソンが左足で強烈なシュートを放つが、これはGK東口が弾き返す。こぼれたところにゴール目前でユー・ハイが反応するが、シュートは枠を外した。

 一方のG大阪は25分、アデミウソンの落としから、エリア内の宇佐美が右足でダイレクトシュートを放つが、これはクロスバー上。42分には、倉田秋のパスを受けた宇佐美がエリア内左で右足を振り抜くが、シュートは相手GKヤン・ジュンリンの好セーブに阻まれた。前半はスコアレスで折り返す。

 後半に入って50分、G大阪が先にチャンスを作る。宇佐美の浮き球パスから、パトリックが抜け出してエリア内左で右足シュート。だが、これもGKヤン・ジュンリンにセーブされた。上海上港は57分、右サイドを突破したウー・レイがエリア内右から折り返しを供給。中央へ走り込んだルー・ウェンジュンが右足で合わせると、シュートはゴール右隅に飛ぶが、GK東口が好セーブで立ちはだかった。

 試合が動いたのは66分。上海上港は、左サイドでのパス交換から、ルー・ウェンジュンとのワンツーで、ウー・レイがエリア内に抜け出し、右足シュートでゴールネットを揺らした。さらに72分、エリア内右に抜け出したウー・レイが右足シュートを打つが、これはGK東口が好セーブ。だが、こぼれ球を拾ったルー・ウェンジュンがエリア手前からダイレクトボレーを放つと、反応したDFの足に当たって若干コースが変わり、ゴール左隅に突き刺さった。

 2失点を喫したG大阪は80分、パトリックを下げて長沢駿を投入し、ゴールを狙う。だが、試合はこのままタイムアップを迎え、G大阪が0−2でACL2連敗。第4節を終わって未勝利で崖っぷちとなった。なお、同日に行われたグループGのもう1試合、水原三星(韓国)とメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)の対戦は1−1で終了。この結果、勝ち点を「9」に伸ばした上海上港が首位をキープし、メルボルン・ビクトリーが「6」で2位。水原三星(韓国)が「3」で3位に浮上し、G大阪が「2」で最下位に転落した。

 19日に行われるACL次節は、G大阪が水原三星と、上海上港がメルボルン・ビクトリーがそれぞれホームで対戦する。

【スコア】
ガンバ大阪 0−2 上海上港

【得点者】
0−1 66分 ウー・レイ(上海上港)
0−2 72分 ルー・ウェンジュン(上海上港)

サッカーキング

「ACL」をもっと詳しく

「ACL」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ