元マンUのF・ネヴィル氏がDFショーを批判「根本的に間違っている」

4月6日(木)14時16分 サッカーキング

エヴァートン戦途中出場を果たしたルーク・ショー [写真]=Getty Images

写真を拡大

 かつてマンチェスター・Uでプレーした元イングランド代表DFフィル・ネヴィル氏が、古巣の後輩であるイングランド代表DFルーク・ショーについて言及した。イギリスメディア『BBC』が6日に伝えた。

 ショーについては、先日、同クラブのジョゼ・モウリーニョ監督が「練習での態度や情熱が不足している」と批判したことが話題となっていた。その後、両者は会談を行い、ショーは4日に行われたエヴァートン戦で後半途中から出場。指揮官はプレーを称賛していた。

 しかし、ネヴィル氏は「ショーがマンチェスター・Uと契約する時、私は彼をスカウトし、推薦していた。なぜなら彼は今後10年間マンチェスター・Uの左サイドバックを担うと思っていたからだ。でも、彼は気持ちの入ったプレーをもっとできるはずなのに、それをやっていない」と同選手のパフォーマンスについて批判した。

 そして「私は彼が以前負傷したこともわかっているが、彼は根本的に何か間違っている。モウリーニョ監督はショーを試す最後のサイコロを投げた。監督の期待に応えられなければ他のチームに移籍することは間違いないだろう」と彼の現状についても危惧した。

 一方、ショーは「僕はこのクラブにいたい。だから最後の1秒まで戦い抜くつもりだよ。僕は顔を上げ続けている。このクラブが本当に好きで、このクラブにすべてを捧げたいんだ」とコメントし、“本当のマンチェスター・Uのプレイヤー”になるべく、期待に応えることを決意している。

サッカーキング

マンUをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ