飲酒運転で逮捕されたワンバック氏、過去の薬物使用を告白

4月6日(水)23時47分 フットボールチャンネル

 先日飲酒運転で警察に逮捕された元アメリカ女子代表のアビー・ワンバック氏が、過去の薬物使用を告白した。英『BBC』など複数メディアが6日付で報じている。

 女子サッカー界のレジェンドで数々の栄光を手にしてきたワンバック氏は3日にオレゴン州ポートランドで友人と食事をした後に飲酒運転で逮捕された。その後裁判所に提出した書類の中で「25歳のときにコカインを使用した」と認めたという。

 また同じ文書の中ではワンバック氏が24歳から25歳にかけてマリファナを吸っていたことも記されていたという。5日には代理人の弁護士が裁判所に書類を提出し、飲酒運転について無罪にするよう求めた。なおワンバック氏本人は同席しなかった。

 たった一度の大きな過ちで、アメリカ代表として255試合出場184得点、W杯や2度の五輪の優勝など輝かしい功績を残してきた国民的英雄の名誉はズタズタに引き裂かれてしまった。

フットボールチャンネル

飲酒をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ