練習中に悲劇…”雷”打たれ、18歳のオーストラリア人GKが病院に搬送

4月7日(木)10時22分 フットボールチャンネル

 マレーシアのマラッカ・ユナイテッドでプレーする18歳のオーストラリア人GKステファン・ペトロフスキが練習中に雷に打たれ病院に搬送された。7日にオーストラリアメディア『theworldgame』が報じている。

 同メディアによると、現地時間5日にチーム練習を行っていたところ、21歳のDFアズアンと共に雷に打たれたとのこと。その後、ペトロフスキは病院に搬送され、集中治療室で治療を受けた。人工呼吸器をつけているものの、幸いにも命は取り留めたようだ。アズアンの容態も現在は安定していると伝えている。

 ペトロフスキは以前までシドニー・オリンピックでプレーしていたが、今季はマラッカに移籍していた。オーストラリアからマレーシアに活躍の場を移してから不運に見舞われたペトロフスキ。リハビリが必要となる可能性はあるが、元気な姿で再びピッチに戻ってきてもらいたいものだ。

フットボールチャンネル

オーストラリアをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ