V・ハール監督、オランダの代表復帰要請を拒否。3度目の就任はなしか?

4月7日(木)11時11分 フットボールチャンネル

 オランダサッカー協会(KNVB)がマンチェスター・ユナイテッドを率いるルイス・ファン・ハール監督に対して代表復帰要請をしたものの拒否されていたようだ。6日に英紙『テレグラフ』が報じている。

 同紙によると、今季終了後にユナイテッドを離れる可能性が浮上しているファン・ハール監督に対してKNVBがアプローチしてきたものの、それを断ったとのこと。同氏にはオランダ代表の指揮官に復帰する考えがないようだ。

 ファン・ハール監督は2000年から2002年までと、2012年から2014年までの2度オランダ代表を率いた経験がある。2002年の日韓W杯出場は逃したが、2014年のブラジルW杯では本大会に出場し、準決勝進出を果たしていた。

 同大会の準決勝でアルゼンチン代表に敗れたものの、3位決定戦ではブラジル代表を相手に勝利をおさめている。その後、ユナイテッドを率いることになったが、今季はプレミアリーグで5位、ヨーロッパリーグでも敗退とタイトル獲得の可能性はFAカップのみとなっていた。

 リーグ優勝を逃したことで元チェルシー指揮官のジョゼ・モウリーニョ氏の来季就任が近づいているとされているが、ファン・ハール監督は来季以降もユナイテッドを率いることを諦めていないのかもしれない。

フットボールチャンネル

オランダをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ