中国・蘇寧グループ、インテルの株式すらも爆買いか!? 名誉会長は売却を否定

4月7日(木)15時51分 フットボールチャンネル

 中国の大手家電販売企業『蘇寧電器グループ』がインテルの一部株式を取得することを検討していると伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 蘇寧電器グループは中国スーパーリーグの江蘇蘇寧を保有する大企業であり、2009年に日本の家電量販店ラオックス社も買収している。江蘇蘇寧はこの冬にラミレスやアレックス・テイシェイラを総額100億円で獲得するなど、“爆買い”を象徴するクラブである。

 同紙によれば、蘇寧電器グループはインテル株式の20%を6000万〜9000万ユーロ(約75億〜112億5000万円)で取得するのではないかと伝えている。

 しかし、インテルのマッシモ・モラッティ名誉会長は「そんなことは絶対にない」と売却の可能性を否定。投資する企業が中国であることについては「クラブを強くしてくれるのであればどこでもいい」と語ったが、「ただ、今はゴシップにすぎない」と直近では起きないと主張した。

フットボールチャンネル

「売却」をもっと詳しく

「売却」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ