コンテ監督、最初の標的はローマMF? 中盤の要として11得点11アシスト記録

4月7日(木)7時21分 フットボールチャンネル

 アントニオ・コンテ監督が来季就任することが決まったチェルシーが、ローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピアニッチの獲得を目指しているようだ。6日に英紙『デイリー・スター』が報じている。

 同紙によると、コンテ監督は来季の戦力としてピアニッチの獲得を望んでおり、クラブは3年契約を提示して交渉に臨んでいるとのこと。同選手の契約解除金は3000万ポンド(約46億8000万円)とされている。

 ピアニッチは今季公式戦36試合に出場し11得点11アシストを記録。中盤の要として活躍し、ローマの攻撃を組み立てている。ローマとの契約は2018年6月まで残っているが、移籍を決断する可能性はあるのだろうか。

フットボールチャンネル

ローマをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ