J1全20クラブGKタイプ別分析(12)FC東京。波多野豪は何タイプ? 将来性抜群、素晴らしい能力のGK

4月7日(水)15時0分 フットボールチャンネル

波多野は権田以来の…

 3/8発売『フットボール批評issue31』から一昨年、サンフレッチェ広島のGKコーチを務めた澤村公康が、GKを4つのタイプに分類し、J1全20クラブの陣容を一刀両断した「GKスカッド批評」を一部抜粋して公開する。[GKタイプ]オーソドックスタイプ→オ、シュートストップタイプ→シ、現代タイプ→現、万能タイプ→万、★は新加入(構成:吉沢康一)

——————————

GKコーチ:森下申一
波多野豪(現)
林彰洋
児玉剛
野澤大志ブランドン
阿部伸行★

 レギュラーの林彰洋が昨年末に膝の手術をしてどれくらいリカバリーできるのか注目しています。昨年、波多野豪が相当な活躍を見せました。今シーズンは波多野とケガから復帰する林の一騎打ちになると予想しています。阿部伸行というアカデミー出身のGKがいろいろなチームを経験してチームに戻ってきたのもいい補強になっています。

 波多野は権田修一以来となるシーズンを通して戦えるアカデミー出身のGKだと思います。サイズ、能力、リーダーシップ、そして明るいキャラクターは日本人らしくないところがあって将来性を感じさせます。

 ビッグサイズながら何でもできてしまう現代タイプのプレースタイルが特徴です。ペナルティーエリアの外に出てもプレーができる判断も素晴らしい。セカンドGKの位置を譲らない児玉剛もいて、FC東京のGK層は厚いと言えます。

(構成:吉沢康一)

フットボールチャンネル

「FC東京」をもっと詳しく

「FC東京」のニュース

「FC東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ