ハム斎藤佑樹、被安打ゼロも8四死球で4回途中1失点降板

4月7日(土)15時44分 フルカウント

味方が6点援護するも応えられず

 日本ハムの斎藤佑樹投手が7日、東京ドームでのロッテ戦で今季初先発に臨んだ。初回に4四死球で1点を失うも味方打線が奮起して逆転。被安打ゼロで4回のマウンドに戻ったが、3四球で満塁のピンチを招き、降板した。

 初回、先頭の荻野をライトフライに打ち取ったが、3四死球など2死満塁とピンチを招くと、ルーキー菅野の初球が足元への死球となって押し出しで1点を献上した。2回は3者凡退。3回は1死から四球を与えたが、井上を遊直。続く鈴木の打席で二盗を試みた中村を、捕手・清水が刺す好アシストを見せた。

 4回のマウンドは先頭・鈴木を二ゴロに打ち取り、菅野に四球。福浦を右飛に仕留めたが、清田、田村と連続四球で2死満塁。ここで栗山監督が登場し、74球でマウンドを下りた。

 3回2/3を投げ、被安打ゼロながら8四死球で1失点(自責1)。味方が西川、清水、中田のホームランなどで6点の援護をくれたが、マウンド上で独り相撲となってしまった。(Full-Count編集部)

フルカウント

「日本ハム」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「日本ハム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ