シャビ、将来の古巣復帰を誓う「一番の目標はバルサの監督をやること」

4月7日(木)12時15分 サッカーキング

昨シーズンまでバルセロナでプレーしたMFシャビ [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

写真を拡大

 昨シーズンまでバルセロナに所属し、今シーズンからカタールのアル・サッドでプレーしている元スペイン代表MFシャビが、今後の展望について語った。6日付のイギリス誌『Four Four Two』が伝えている。

 シャビは「僕はバルセロナで監督をやりたい。それが一番の目標だね。このクラブで働くために戻って来たいんだ」と、古巣バルセロナで指揮官を務めることが最大の夢だと語った。

 また、「僕はピッチを離れても、サッカーに関わり続けたい。会社に閉じ込められるのは御免だよ。10分もあればテレビでサッカーを見るし、妻も嫌気が差しているくらいだよ」と、サッカーに対する愛情を明かした。

 現在プレーしているカタールについても言及。「カタールはプロリーグだが、ヨーロッパとは違う。僕はサッカーのためにここにいるし、2022年にカタールで開催されるワールドカップのために遺産を残したい」と、サッカーの発展に寄与していきたいと話した。

サッカーキング

「バルセロナ」をもっと詳しく

「バルセロナ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ