レアルに不安材料…前半途中交代のベンゼマは左ひざ負傷、検査へ

4月7日(木)14時13分 サッカーキング

ヴォルフスブルクで負傷交代したベンゼマ [写真]=Bongarts/Getty Images

写真を拡大

 チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグが6日に行われ、ヴォルフスブルクとレアル・マドリードが対戦。敵地に乗り込んだレアル・マドリードは0−2で敗れた。

 同試合に先発出場したフランス代表FWカリム・ベンゼマは10分、敵陣左サイドをドリブルで突破し、パスを出した直後にヴォルフスブルクの元ブラジル代表DFナウドのタックルを受け、左ひざを強打。ピッチに倒れ込んだ。ベンゼマはプレーを続行したものの、40分にボールとは関係のないところで痛みを訴え、ピッチに座り込んでしまった。41分、ジネディーヌ・ジダン監督はベンゼマの交代を決断し、スペイン人FWヘセ・ロドリゲスを送り出した。

 スペイン紙『アス』はベンゼマの負傷について報じ、同選手が7日に精密検査を受ける見通しだと報道。左ひざを捻った模様だが、歩いてピッチを後にしていたことから、「それほど深刻ではないはずだ。じん帯損傷の可能性は割り引いて考えられるだろう」と伝えられている。

 セカンドレグは12日にレアル・マドリードのホームであるサンティアゴ・ベルナベウで開催される。

サッカーキング

「レアル」をもっと詳しく

「レアル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ