エイバルMF乾貴士、チームメイトが仕掛けた「ドッキリ」に引っかかる

4月7日(木)14時1分 サッカーキング

エイバルでプレーするMF乾貴士 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 自身が「夢」だと語っていたリーガ・エスパニョーラでの挑戦も7カ月が経過したMF乾貴士。

 所属するエイバルは小さなクラブであるが、第31節を終えて9位につけるなど健闘している。このままいけば、今シーズンは比較的楽に残留を決められそうだ。

 そんなエイバルでのあるシーンを、乾が自身のインスタグラム(takashi.08)で紹介していた。

 投稿されたのは乾がロッカールームにやってきた際の映像だ。



 何も知らない乾が扉を開けると、上からダンボールが数箱落ちてきて直撃…。

 ドッキリの定番とも言えそうないたずらにハマってしまった乾は、キャプションで「昨日、小学生みたいないたずらを受けました」とコメント。扉を開ける前、チームスタッフらしき人物と言葉を交わしており、ちょっと油断していたのだろうか?

 それでも、こうしたシーンを見るだけでも乾がチームメイトから愛されているのがわかる。憧れの地スペインで、乾は充実の時を過ごしているようだ。

 リーガでここ7試合勝利のないエイバルは、9日に敵地でレアル・マドリードと対戦する。

(記事提供:Qoly)

サッカーキング

「エイバル」をもっと詳しく

「エイバル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ