CL4強入り暗雲のレアル…ジダン監督「ホームで挽回できる」

4月7日(木)9時49分 サッカーキング

セカンドレグでの逆転を誓ったジダン監督 [写真]=Bongarts/Getty Images

写真を拡大

 チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグが6日に行われ、ヴォルフスブルクとレアル・マドリードが対戦。敵地に乗り込んだレアル・マドリードは0−2で敗れた。

 試合後、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が敗戦を振り返った。スペイン紙『マルカ』がコメントを伝えている。

 アウェーゴールを奪うことなく、2点差で敗れたレアル・マドリード。準決勝進出へ暗雲が立ち込める中、ジダン監督は「我々がしなければならないのは、冷静さを保つことだ。落ち着いていなければならない。私は混乱はしていない。選手たちもそうだ」と、まずはメンタル面に言及した。

 そして「敗北は常に痛みを伴うもので、我々は今、ダメージを受けている。ただ、この状況を変えるチャンスも持っているんだ。我々レアル・マドリードは、(サンティアゴ)ベルナベウでファンとともに挽回することができる」と、セカンドレグでの逆転突破を誓った。

 セカンドレグは12日にレアル・マドリードのホームであるサンティアゴ・ベルナベウで開催される。

サッカーキング

レアルをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ