マンC守護神ハート、復帰戦でイブラのPKを阻止「ちょっと弱かった」

4月7日(木)19時10分 サッカーキング

イブラヒモヴィッチのPKを止めるGKハート [写真]=Getty Images

写真を拡大

 チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグが6日に行われ、マンチェスター・Cはアウェーでパリ・サンジェルマンと対戦し、2−2の引き分けに終わった。試合後、イングランド代表GKジョー・ハートがインタビューに応じ、コメントをクラブ公式サイトが伝えている。

 マンチェスター・Cは、開始13分にPKを与えてしまう。だが、キッカーを務めたズラタン・イブラヒモヴィッチのシュートをハートが止めてピンチを凌ぐと、38分にケヴィン・デ・ブライネのゴールで先制に成功。しかし、自陣でのミスなどから2点を奪われてパリ・サンジェルマンに逆転を許す。それでも、72分にフェルナンジーニョが相手のミスを突いてネットを揺らし、アウェーゴール2点を奪って試合を終えた。

 この試合でケガからの復帰を果たしたハートは「クレイジーな試合だったね。サッカーの試合としてはとても良かったけど、良い結果と言えるかはまだ(セカンドレグを終えるまでは)分からないよ。アウェーゴールを2点奪えたことは素晴らしかったけど、どちらにも上に行くチャンスがあるんだ」と、貴重な敵地での2得点を喜びながらも、謙虚な姿勢を示した。

 また、同選手はイブラヒモヴィッチについて「ズラタンは(試合を通して)悪くなかったよね? あのPKはちょっと弱かったように感じたけど。でも、すぐ彼に得点されてしまったよ」と言及した。

 その上で「僕らはこのクラブで歴史を作っている途中だし、まだ終わりたくないんだ。今日の4バックのプレーを誇りに思っているよ」と、守備陣を称賛している。

 セカンドレグは12日、マンチェスター・Cの本拠地エティハドで行われる。

サッカーキング

マンCをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ