伊杯4強敗退のナポリ、奮起誓うレイナ「ユーヴェとの差を埋めないと」

4月7日(金)2時1分 サッカーキング

ユーヴェ戦を終え、奮起を誓ったGKレイナ(写真はエンポリ戦) [写真]=Getty Images

写真を拡大

 コッパ・イタリア準決勝セカンドレグが5日に行われ、ナポリはホームでユヴェントスと対戦。3−2と勝利を収めたものの、2試合合計4−5で敗退が決まった。

 試合後、ナポリのスペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナが心境を語った。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がコメントを伝えている。

 レイナは「素晴らしい試合をした。敗退は残念でならないよ。当然、改善すべき点はあるけど、自信を持たなければいけない。良いパフォーマンスを見せているのだからね」と一定の手応えを示しつつ、「ただ、ユーヴェは我々より一歩先を行く。その差を埋めなければいけない」と話し、敗退に悔しさを覗かせた。

 そして、昨シーズンまでナポリでプレーしていたアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインに決められた先制ゴールについては「DFがニアサイドを切っていたけど、ボールは股の下を通ってしまった。もちろん、もっとうまくやれたはずだ」と、対応を誤ったと説明している。

サッカーキング

「イタリア」をもっと詳しく

「イタリア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ